プロフィール

月

Author:月
乙女/BL/美少女ゲーム好きな主婦
応援中ゲーム
:Twitter :MailForm

【プレイ中】


【次回プレイ予定】


【最近クリアした作品】
◆下天の華 with 夢灯り 愛蔵版
◆うたわれるもの 二人の白皇
◆7'scarlet
◆ペルソナ5

※拍手コメは頂いた記事のコメント欄にて
お返事しております。
過去記事にもご自由にコメントください♪

記事リスト

ゲーム総評の記事
→次

コメント

データ取得中...

カテゴリー(A~Z,あ~ん順)

openclose

過去ログ

2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【9件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【9件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【6件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【7件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【15件】
2011年 12月 【12件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【18件】
2011年 08月 【29件】
2011年 07月 【18件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【21件】
2011年 04月 【17件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【15件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【12件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【17件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【15件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【18件】
2010年 04月 【28件】
2010年 03月 【20件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【17件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【23件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【28件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【11件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【7件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【14件】

検索フォーム

声優別タグリスト

リンク

お借りしてる素材

Nicol-b/和泉なこ様
雨間/モナエ様
FOOL LOVERS/まぐろ。様
web*citron/ユヅ様

女性向け検索サイト

女性向ゲームレビュー検索・シナモンティー WingSearch

カウンター


110万HITありがとうございます!
  • 2016
  • 11/16
  • Wed

下天の華 with 夢灯り 愛蔵版

作品名
下天の華 with 夢灯り 愛蔵版
発売日
2016年9月8日
プラットフォーム
PlayStation Vita

皆さん、こんにちは。
毎日寒い日が続いてますね。
昔は着膨れするのが嫌いで、冬でも薄着のまま歩き回ってましたが、
もう今じゃヒートテックがないと生きていけない( ;∀;)
それにこの体型で着膨れなんて気にしても仕方ない状況だし(笑)
年齢的に健康面で色々考えることもあって、冷え対策は大切だと感じる今日このごろ。
【冷えは万病の元】と言いますし、温かくして冬を乗り越えねばっ!

それではゲームの話をしましょう!
11月はコーエーさんの【下天の華 with 夢灯り 愛蔵版】をクリアしました。
以前から評判の良さは聞いていて、いつか遊びたいと思っていたので、
やっとプレイする事が出来て良かったです(*´Д`)

コーエーの作品は数えるほどしか遊んだことがないですが、
洗練されたデザインや安定したシナリオは本当素晴らしいです。
ただ、今の乙女ゲームは個別ルートでそのキャラにしっかりスポットを当てて、
主人公と様々な結末を迎えるものへとなっていってるので、
シナリオの流れが金太郎飴な点や、ボリュームの少なさは勿体無いと思ってしまう。
愛蔵版だから満足出来たけど、本編とFDが別々の売り方をされていたら
ボリューム不足だと感じていただろうなぁ。

でも恋愛イベントを起こして、その数日後の通常会話イベント後、
延長タイム突入→恋愛イベントに触れる会話があって凄く良いな、と思えました。
二人が恋に落ちるまでの期間が1ヶ月と短いながらも、
こういう何気ない会話の積み重ねと思い出の共有が絆を深めていくのだと感じます。

それでは追記にて短いですが、個別キャラ感想になります。
ネタバレ含みますのでお気をつけ下さい。

top↑

  • 2016
  • 10/08
  • Sat

7'scarlet

作品名
7'scarlet
発売日
2016年7月21日
プラットフォーム
PlayStation Vita

皆さん、こんばんは(´∀`∩)
最近はまた月1更新になっていて、遊びに来てくれてる方々には申し訳ないです。
ですが、自分の場合ハイペースでたくさんのゲームをプレイすることが出来ないので
1ヶ月に1本、どんなジャンルのゲームでもいいからコンプするぞ!
という気持ちで、頑張っていこうと思います。

今回は久しぶりのオトメイト作品!【7'scarlet】を遊び終えました。
お盆期間中に近所のゲーム屋さんでセールをやってまして、
発売直後だったのに2000円台という驚きの価格ですかさずゲット!
ミステリーという乙女ゲームにはあまりないジャンルですが、
ドキドキハラハラが上手く合わさって楽しめる作品になってたらいいなぁと期待してました。

さてプレイを終えてみての感想になりますが、
乙女ゲームにしては恋愛過程が雑で薄い…。
ミステリーという点で考えると物足りないなーというのが正直な感想。
どちらも中途半端に感じてしまいました。

だけど映像面は本当に素晴らしい!と思えました。
バスの車窓から見える景色や、ポイントポイントで流れる映像。
目を引く演出には本当に楽しませてもらいました。
そちらに力が入っていただけに、恋愛面やシナリオ面が残念で勿体無い。

もし次回こういうミステリー作品が発売されるなら、女性向けだからと軽めのものにせず
本格的なミステリーものに挑戦して欲しいですね!
宿泊してるホテルに攻略対象者が集まっているからか、そこでは誰も殺されず、
主人公とは関わりのない人ばかりが殺されていく。
だからあまり危機感や恐怖を感じられなかったんですよね(´・ω・`)

ではでは、追記にてゲームの感想と短いですがキャラ別感想になります。
ネタバレも含みますのでお気をつけください。

top↑

  • 2016
  • 09/14
  • Wed

Blackish House sideA→

作品名
Blackish House sideA→
発売日
2016年8月26日
プラットフォーム
Windows Vista/7/8/8.1/10

皆さん、こんばんは!
しばらくネトゲに夢中になってる間に、前回の更新から早1ヶ月。
ネトゲの時間泥棒っぷりは恐ろしい((((;゚Д゚))))

しかし、明日はずっと楽しみにしていた【ペルソナ5】の発売日!
また仮想の世界へどっぷり浸かりたいと思います(笑)

さてさて、合間にちょこちょこ遊んでいた【BlackishHouse sideA→】をプレイし終えました。
ハニビの事だから、評判が良かったらまたCS移植の流れでしょ?っと
頭では分かっているんだけど、条件反射でポチッといっちゃいました。
ブラハはハニビレーベルのhoneybee black側から出ている作品なので
大好きなハニビとは言え、合わないんじゃないかと不安もありましたが、
プレイを終えてみて、購入して良かった!の一言。
(ハニビの爽やかな青春ってところが好きだから、blackだとドロドロしてそうで不安だった)
まぁーダークな部分もあったけど、許容範囲だったからOK!
sideZの発売も楽しみにしてる( `・ω・´)

登場人物は主人公の雛も含め、問題有りな子ばかり。
自分勝手でまとまりのないメンバーとの共同生活が始まり、
途中ぶつかり合うこともありましたが、クリスマス公演に向けて
徐々に団結していく姿が見ることが出来ました。
自分的には皆がまとまるのにもっと苦戦すると思っていたから、
序盤から交友的なキャラが多くて肩透かし(笑)一部問題児もいたけどさ!

問題を抱えた攻略キャラ達を矯正するカウンセリングゲーだけど
主人公である雛が『自分のない子』だったから、
この子に説教されても…とこれまた不安だったんですよね。
でも自分がないからこそ、色んな事を吸収できる子でもあったのかな。
キャラ達を諭す有り難いお言葉を聞いてると、
今までなんで『自分のない子』でいられたんだろう?と不思議に思う。
そこは突っ込んだら駄目なところかな(笑)
攻略キャラと出会えたことで、主人公も成長できたということだね、うんうん。


それでは追記にてキャラ感想になります。
ネタバレも含みますのでお気をつけください。

top↑

  • 2016
  • 01/18
  • Mon

剣が君

作品名
剣が君 for V
発売日
2015年3月26日
プラットフォーム
PlayStation Vita

皆さん、こんばんはー!
突然ですが、皆さんはプレゼントを貰ったらすぐ使う方ですか?
それともいざという時のために取っておく方でしょうか?

私はというと、取っておく方です(´・∀・`)ゞ
姉から毎年誕生日には化粧品をプレゼントしてもらうのですが、
【自分ではなかなか買わないけど、貰ったら嬉しいもの】ばかりなんです。

去年はジルのチークをプレゼントされ、先日会った時にまだ使ってないことを話すと
凄く怒られました。自分的には大切に取っておいてるつもりだったけど、
姉的には使って欲しくてプレゼントしているのだから、すぐ使わないのは失礼だと言われ
目から鱗でした。そうか、自分的には良い事をしているつもりだったけど
全然そんなことなかったのだ、と気づいた出来事でした。
早速パッケージの箱から出して(←そこから)化粧ポーチに入れました(笑)

モノを大事にするのは悪い事じゃないけれど、
使ってこそ活かせるのであれば、それが一番ですね。

…ただ言い訳になりますが、現在使っているチークが無くなったら使う予定だったんですよ。
でも化粧するシーンが少なくて、なかなか減らないんだなー(・∀・;)


それでは、年末にコンプした【剣が君 for V】のお話へ!
プレイ開始当初はグイグイ引き込まれたのですが、
途中でプレイを止めたことで冷静になってしまったのもあってか、
残念ながら私の心に刺さる作品にはなりませんでした。

イラストの美麗さ、音楽の素晴らしさ、魅力的なキャラクターと
素晴らしい点はいくつもあったのですが、各キャラルートが4分岐しているからか
各イベントや、彼らの抱える問題の解決がなんだかあっさりに感じてしまったんですよね。
そもそも4つもENDが必要だったのか?とも。
正直全キャラの4つのENDを全て覚えてるかと聞かれたら答えはNOです。
ENDを2つに絞って、その分イベントを増やした方が良かったんじゃないかな。

それと主人公に対して、何も印象が残らなかったのが残念。
キャラそれぞれに抱えている問題があり、それに主人公が寄り添う場面もあるものの
主人公の意思や気持ちがあまり伝わってこない。
時には主人公そっちのけで問題が起きて、そして解決している。
あれ、主人公の必要性は?と感じてしまいました。
薙刀を持っているのだから、もっと戦う主人公でも良かったと思う。
良い子ちゃん主人公の枠から抜け出せてない感じでした。

ただ決してこの作品が悪かったということではないですよ!
Vitaへの移植に合わせて、追加シナリオにスチルも増えていますし、
PC版をプレイ済みの方も、Vitaで初めてプレイされる方にも
とても配慮されていると感じました。
クリア後のご褒美もたくさんあるし、隅々まで楽しめます!
…それだけに本編のあと一歩足りない感じが勿体無い。


ではでは、追記にて短いですが各キャラの感想になります。
ネタバレも含みますので、お気をつけ下さい。

top↑

  • 2015
  • 10/27
  • Tue

吉原彼岸花

吉原彼岸花

吉原彼岸花
作品名
吉原彼岸花
発売日
2015年9月25日
プラットフォーム
Windows XP/Vista/7/8/10

皆さん、こんにちは( `・∀・´)ノ
Maria Crownさんのブランドデビュー作『吉原彼岸花』をプレイし終えました。
これこそ私の求めていた花魁主人公だと言える作品。
全年齢でも遊郭が舞台の作品は何作かありますが、
R18だからこそ活かせる題材だと思うんですよね。

HAPPY ENDは幸せいっぱいで私まで胸いっぱい。
BAD ENDはBAD ENDで後味の悪さを残すが、そこがまた良い!
本当に楽しい作品でした。ちなみに私のお気に入りキャラは朔夜です(*´艸`)

見慣れない・聞き慣れない言葉も多数出てくるのですが、
字面でなんとなく予想できるものもあったり、
それこそ分からなければ検索してみたりと良い勉強になりました(笑)
吉原の花魁を題材するにあたり、時代背景などしっかり調べたみたいなので
用語集的なものがあったら良かったなぁ。
でも今は辞書引いたりする機会も減ってきたし、
知らない言葉を覚えたいなら、自ら調べるっというのも大切なことですね。


ではでは追記にて、短いですが各キャラの感想を。
ネタバレも含みますのでお気をつけ下さい。

top↑

  • 2015
  • 10/10
  • Sat

ゆのはなSpRING!

作品名
ゆのはなSpRING!
発売日
2015年9月17日
プラットフォーム
PlayStation Vita

皆さん、こんばんは(*´ω`)
夏が終わって、ゲームのやる気もなくなるかと思ってましたが、
未だ【▶ガンガンいこうぜ】状態で、積みゲーから新作ゲーまで遊んで回ってます。
Vita2台稼働して『ゆのはなSpRING!』と『華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ』を終え
現在はVitaで『あやかしごはん』、PCでR18乙女ゲーの『吉原彼岸花』をプレイ中。
その日の気分でプレイしてます(笑)

今回は『ゆのはなSpRING!』の感想です。
BAD ENDなし、ほのぼのアットホームな雰囲気の旅館が舞台とあって、
乙女ゲーム初心者さんに安心しておすすめできる作品じゃないかと思います。
シナリオはそう長くないし、個別ルートのシリアスなシーンでも
旅館仲間達の人柄や雰囲気のせいか、深刻にはならない(笑)
殺伐とした世界や無情なBAD ENDのゲームに疲れたお嬢様方にも
ホッと癒やしをもらえるゲームになってるのではないでしょうか。

自分的にはこの短さだから楽しめたのだと思います。
もし長かったら途中で飽きてたかもしれない。
このほのぼの人情物語を温かい気持ちで楽しめる方もいれば、
王道な展開に退屈だと感じてしまう方もいるかもしれない。
私の好みは先の展開が読めないシナリオなので、
そういう点ではワクワク感が少なかったかな。
でも爽やかな恋愛模様は楽しめました。
初見では宏太が気になっていたけど、最終的には金太郎が一番になりました!

それでは短いですが、追記にて各キャラの感想になります。
ネタバレ・辛口な部分もありますので、お気をつけ下さい。

top↑