プロフィール

月

Author:月
乙女/BL/美少女ゲーム好きな主婦
応援中ゲーム
:Twitter :MailForm

【プレイ中】


【次回プレイ予定】


【最近クリアした作品】
◆下天の華 with 夢灯り 愛蔵版
◆うたわれるもの 二人の白皇
◆7'scarlet
◆ペルソナ5

※拍手コメは頂いた記事のコメント欄にて
お返事しております。
過去記事にもご自由にコメントください♪

記事リスト

コメント

データ取得中...

カテゴリー(A~Z,あ~ん順)

openclose

過去ログ

2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【2件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【3件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【9件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【7件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【9件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【8件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【6件】
2013年 08月 【9件】
2013年 07月 【7件】
2013年 06月 【5件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【5件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【10件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【9件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【13件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【15件】
2011年 12月 【12件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【18件】
2011年 08月 【29件】
2011年 07月 【18件】
2011年 06月 【13件】
2011年 05月 【21件】
2011年 04月 【17件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【15件】
2010年 12月 【18件】
2010年 11月 【12件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【17件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【15件】
2010年 06月 【14件】
2010年 05月 【18件】
2010年 04月 【28件】
2010年 03月 【20件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【17件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【23件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【28件】
2009年 08月 【30件】
2009年 07月 【11件】
2009年 05月 【9件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【7件】
2009年 02月 【7件】
2009年 01月 【14件】

検索フォーム

声優別タグリスト

リンク

お借りしてる素材

Nicol-b/和泉なこ様
雨間/モナエ様
FOOL LOVERS/まぐろ。様
web*citron/ユヅ様

女性向け検索サイト

女性向ゲームレビュー検索・シナモンティー WingSearch

カウンター


110万HITありがとうございます!
  • 2015
  • 09/30
  • Wed

うたわれるもの 偽りの仮面


作品名
うたわれるもの 偽りの仮面
発売日
2015年9月24日
プラットフォーム
PS4 / PS3 / PlayStation Vita

皆さん、こんばんは(*´Д`*)
ここ最近SRPGにハマり、いろんな作品を遊んできましたが、
今年一番楽しみにしていた『うたわれるもの 偽りの仮面』が遂に発売されました!
そして約35時間ほどかけてクリアしました(`・ω・´)

前作からしっかり物語を繋げていて楽しかった!
今回登場したキャラクターもなかなか個性的なメンバー揃いでした。
でもやっぱり前作をプレイしている身としては、
前作キャラが登場するだけでテンション上がっちゃいますね(ノ∀`*)
相変わらずアルルゥは可愛かった。

このシリーズは全3部作からなっていて、今作は2作目にあたります。
物語が盛り上がってきたところで3作目へ続くっという流れなので、
次回作までお預け状態なのが辛いところ。
でも偽りの仮面の発売前に、3作目の制作に入っていると言っていたし、
なるべく早い時期に次回作の発売を願うばかり。

SRPGというと、戦闘を終えたらまた戦闘っという感じで、
続けて戦うところに疲れを感じる時もあり、私的にちょっと苦手な部分ではあります。
でも前作ではシナリオパートと戦闘パートのバランスが絶妙で
じっくりシナリオも楽しめて、戦闘シーンでは爽快感も味わえて本当に楽しかったです。

ただ今作ではシナリオパートが長いこと長いこと(笑)
戦闘パートがあまりないように感じてしまいました。
(だからクリア後の特典で高Lvな敵との戦闘があるんでしょうが)
1作目から物語を引き継ぎ、次の3作目へ繋げるために
色んな状況説明が入るからだと思うんですが、
戦闘が苦手とはいえ、少なすぎると物足りなく感じてしまいますね(;´∀`)


それでは追記にて、キャラなどについて語りたいと思います。
ネタバレも含みますので、お気をつけ下さい。

top↑

  • 2015
  • 09/14
  • Mon

黒蝶のサイケデリカ


作品名
黒蝶のサイケデリカ
発売日
2015年1月29日
プラットフォーム
PlayStation Vita

皆さん、こんばんはー!
先日の東日本豪雨は凄かったですね。
皆さんのお住まいの地域は被害などなかったでしょうか?
私のところは一時、近所の川から水が溢れ出しそうとのことで避難勧告が出ました。
夜中もエリアメールやサイレンの音が鳴り、何かあってもすぐ動けるようにしてたのですが、
幸い、溢れることはありませんでした。3・11の事もあり、改めて水の恐ろしさを実感。
被害に遭われた方が少しでも早く、普段の生活に戻れるよう祈ってます。


それではゲームのお話です。
お次は『黒蝶のサイケデリカ』をコンプしました。
プレイヤーによって評価の分かれる作品だと思うのですが、
残念ながら私には合いませんでした。
乙女ゲームの要素もあるけれど、全てのキャラと甘い恋愛を楽しめるっと
いうものではないです。切ないお話が好きな方には楽しめるんじゃないでしょうか。

世界観や設定は面白いのに、活かしきれてないシナリオ。そしてボリューム不足。
ボリュームがあればいいワケじゃないですが、
スキップ出来る箇所の多さや金太郎飴な展開も結構あって色々と残念。
もっとキャラ一人ひとりをじっくり知りたかった。

それでは追記にて個別感想になります。
辛口な意見&ネタバレも含みますのでお気をつけ下さい。

top↑

  • 2015
  • 09/07
  • Mon

SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~

作品名
SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~
発売日
2015年7月16日
プラットフォーム
PlayStation Vita

皆さん、こんばんは!
9月に突入しましたね。
お盆過ぎた辺りからめっきり涼しくなって、夏が終わってしまったようで寂しいです。
でもここ2~3日はまた夏に戻ったような暑さですが(笑)

さてさて、TAKUYOさんの新作『SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~
をプレイし終えました。コンプした今、心にぽっかり穴が空いたようです。

スイクラは【朝の訪れないお城に閉じ込められた主人公たちが
そこから脱出しようとする】という物語です。
ダークファンタジーらしい暗い雰囲気を纏っています。
誰しもが持つ、弱さや醜さ・歪みが描かれており、
アクの強い作品になっているので、人を選ぶものになってるかもしれません。

キャラそれぞれに抱えている問題があるし、主人公も最初は大丈夫かな?と
心配になる子だったのですが、同じ時間を過ごす中で変わっていく彼らの姿を見守り、
最後にはどのキャラも愛しいなぁと思えるほどでした。
暗い雰囲気の中にも、TAKUYOらしい笑いもあり、私は大好きな作品です。

公式で推奨されていた攻略順でプレイしましたが、この順番がベストだと思います。
謎が徐々に明かされていくのを楽しみたいなら尚更

密原誠丞久瀬蒼馬日之世武尊古橋旺一郎隠しキャラ

の順番が良し。
旺一郎までのルートでほぼ謎が明かされ、スイクラの世界としては
これで綺麗に終われると思うんですよね。
でも主人公である橿野柘榴としての物語は隠しキャラまでやらなければ
知ることが出来ないと思う。でも隠しキャラルートがね、色々切なすぎる。

乙女ゲームをプレイしていると、自分好みのキャラもいれば、そうでないキャラもいたりします。
好みでないキャラのルートをプレイしてる最中は「早くあのキャラルートに行きたい」
なんて思うこともあるのですが、このスイクラに関しては個別ルート中は
そのキャラが素敵で【彼しか見えない】状態でした。
あ、いや、他のキャラの優しさに触れてホッとする場面もありましたが、
やっぱり彼が一番で、少しでも彼の側にいたい、近付きたいと思えました。
あぁー本当にスイクラ楽しかったよー!!

ではでは追記にて短いですが各キャラの感想になります。
ネタバレ含みますので、お気をつけ下さい。

top↑